お金を借りる為のご融資審査2016年度版

在籍確認なしのカードローンから即日審査即日融資の消費者金融などを紹介

個人間融資は闇金?違法?

      2015/01/13

個人間融資が、闇金かどうかは不明ですが、闇金に近いものがあると思います。
個人間での貸し借りは法律に定められた範囲であれば、違法ではないでしょうが、貸付件数だったり、金利によっては違法となる場合があります。

違法でない正規の金融業者から借りることをお勧めしますし、ブラックや延滞者、金融事故者の方で、大手消費者金融NGの方でも当サイトで紹介する中堅の消費者金融であれば、貸付が可能なケースがあります。

個人間融資の場合、借りる人の情報は豊富でも、貸してくれる人の情報は少ないです。
その為、貸してくれる人の職業、どういった目的で貸してくれるのか、そのお金の出所など、不明点が多いです。
また、正規の金融業者ではない為、どのような取立てを行われるかもわかりません。
もしかすると、貸してくれる人は、闇金かもしれません。

相手が見えない為、貸してくれる目的はわかりませんが、返してもらえないのにお金を貸す人はいませんし、個人間どうしとなるとそのリスクは当然増えます。
もし、借りた人が返さない場合は、貸した人が個人的に回収することになり、その方法は想像もつきません。

しかしながら、正規の貸金業免許をもつ消費者金融からお金を借りれば、その心配はありません。
正規の貸金業として、国に登録されていますので、「会社」となり、法律に従った回収方法をとらなければなりません。
ブラックや多重債務、他社延滞中の方は、消費者金融から借りれないと思われているかもしれませんが、中堅の消費者金融であれば、個人間融資並みに審査も甘く、大手消費者金融NGの方でも借りれる可能性が十分にあります。
また、来店の必要もなく、ネットやスマホから申し込みが可能なため、人にあうことなく、申し込みすることが出来ます。
審査スピードも速く、最短であれば、即日の融資を受けることも可能です。

個人間融資すべてが違法とはいえませんが、個人間融資のもつ性質から違法な部分が十分にあると思います。
顔も知らない人に貸すリスクもありますが、貸してもらう人にもリスクがありますが。
そのあたりを十分に理解すれば、個人間融資に頼る前に正規の金融業者に相談してみましょう。
当サイトにて紹介する中堅の消費者金融であれば、ブラックや多重債務、他社延滞中の方でも借りれる可能性が十分にあります。
正規の会社から借りるのでれば、貸してくれる目的もわかっているので、安心してかりれますよね。

 - お金を借りる