お金を借りる為のご融資審査2016年度版

在籍確認なしのカードローンから即日審査即日融資の消費者金融などを紹介

個人間融資の個人情報

      2015/01/13

「個人間融資を利用した場合、個人情報はどうなるのでしょうか?」
「漏洩などはないのでしょうか?」
回答としては、会社ではないので、何らかの手段や理由により、漏洩してしまうかもしれません。
その為、貸金業免許を持った正規の金融業者から借りることをお勧めします。

現代社会において、個人情報はお金に買えることができます。
名簿屋という職業が存在し、過去には、ソフトバンクやジャパネットたかた、ベネッセから個人情報が流失し、大きな社会問題となりました。
お金を借りる人の個人情報は特に闇金業の人には、利用価値が高いとされ、お金を借りたい、ブラックや多重債務者や延滞者の情報は高値で取引されているとも噂されています。

その為、個人間融資などの掲示板に書かれた個人情報は名簿屋などによって常に回収されているかもしれません。
その個人情報が理由で、闇金からお金を借りませんか?と電話があったり、押し賀し等の詐欺にあうかもしれません。
しかしながら、どうしてもお金をかりないといけないときは、こういった心配をしている暇もないですよね。
ブラック・延滞・多重債務などにより大手の消費者金融からは審査NGとなっており、わらにもすがる思いで個人間融資を頼る場合もあるかもしれませんが、ちょっとその前に中堅の消費者金融を試してみることをお勧めします。

中堅の消費者金融は、ノルマ達成や貸付額を増やす為に、絶対とはいえませんが、かなりの確立でお金を借りる事が可能みたいです。
お金を貸すために、審査基準を緩和し、他社ブラック、延滞中や多重債務の場合でも審査OKとしている場合があります。

中堅の消費者金融といっても、正規の貸金業免許をもつ業者ですので、個人情報の管理はしっかりされています。
その為、個人情報が漏洩することもなく、申し込みの際の個人情報は、審査の為だけに利用されます。
申し込み方法もネットやスマートフォンから申し込み可能なため、安心して申し込みすることができます。

個人情報の漏洩の心配がある個人間融資を利用する前に、まずは中堅の消費者金融に申し込んでみても、遅くはありません。

 - お金を借りる